• 大和証券 債券の常識 2022年度版
  • 大和証券 債券の常識 2022年度版
見事な 大和証券 債券の常識 2022年度版 ビジネス・経済
  • 当日発送
  • 送料無料

見事な 大和証券 債券の常識 2022年度版 ビジネス・経済

お気に入りブランド
販売価格 :

5355税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
見事な 大和証券 債券の常識 2022年度版 ビジネス・経済
販売価格:¥5355 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

債券の常識 2022年度版新品未使用です。
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>ビジネス・経済
商品の状態:新品、未使用
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:佐川急便/日本郵便
発送元の地域:東京都
発送までの日数:1~2日で発送

商品の説明

最新のクチコミ

★★★★

とても面白い内容でした。楽しんで読む事が出来ました。

  • クロamnos
  • 21歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

新しい視点が与えられる本です。これはぜひ読んで欲しい。自分がどれだけ贅沢に生きているのか、また、世界の現実が分かります。

  • おそめさん4554
  • 29歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

最近「日本は経済一流国家でない」発言や「知事集団による政策検討とか」・・・・。日本の見直し論が盛ん。 この本はそんな日本の脆弱性を指摘。 すべて国会議員や官僚の無策、国民の内向性による このままではアジア近隣国は成長を遂げているが 日本は取り残されてしまう 日本の勤勉性はどこへ行った? 今見直そう

  • 関西しろたん
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

ビジネスパーソンなら持っていて当然の本です。毎年買いましょう。

  • mmm3795
  • 25歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

日中双方の産業の長所短所を、データをあげて説明し、比較。中国の経済発展が、日本にとって必ずしも悲観的なことばかりではないと、励ますように、これからの進むべき方向を示した本。著者の本は何冊か読んでいますが、どれも説得力があると感じます。

  • puyomi815
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

買って読むほどの価値は全くありません。私はそう思います。お金の無駄でした。

  • あごま1640
  • 41歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

世の中の仕事の大半は表の仕事といえるが、そうではない仕事も多数ある。たとえば性風俗産業だ。そして仕事とは呼んではいけない単なる犯罪もある。薬物の売買であったり、窃盗団であったりだ。性風俗産業でも非合法のものはこちらに入る。それらの経済規模は日本だけで23兆円。膨大な額が闇で動いていることになる。 それらの経済は、なんとなく大きいことはわかるが、それをきちんと分析した本はなかったため、本書は発売当初結構話題になったものだ。そしてこれが文庫本として手軽に購入できるようになった。発売時読んでいない人は迷わず購入して間違いない。

  • raieamama
  • 29歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

仕事柄、インド亜大陸関係の主要出版物にはなるべく目を通すようにしていますので、購入しました。ここ数年、インドの「イ」の字も知らないような“ジャーナリスト”や外国取材オンチの全国紙や通信社の“特派員”や“エコノミスト”ら有象無象が、ゴールドマン・サックスの受け売りで、インド亜大陸情勢に詳しい者から見ればトンデモ情報満載のジャンクを大量生産しています。この典型例は門倉貴史ですが、本書は一連のジャンク情報との相対でいえば、まあマシなほうだといってもいかもしれません(ただし、映画や教育など、はさみこまれる文化的なコラムはまるでお話になりません)。とはいえ、書籍にするような内容(情報)では本来ありませんので、せいぜい数カ月で腐るでしょう。本書で取り扱うようなインドの変化というのは加速度を増していますから。それから、本書に限りませんが、「目覚めた経済大国」などというコピーは、日本人の世間知らず(国際的無知)の表明としかいえず、いい加減にしてもらいたいものです。“目覚めた”のはインドではなく日本のほうですよ。インドのプレゼンスの拡大に今ごろ気づいて驚いているのは、世界広しといえども日本ぐらいです。日本を除く他国は少なくとも1990年代前半にはキャッチしていましたけれども。この理由は、卑近なところでいえば、日本にはインドに対する偏見や差別が根深く巣食っていることと、圧倒的多数が英語で情報を取れないこと、取れたとしても欧米経由で直接現地からではないことなどです。そして、これらは、一般読者以前に、キー局や全国紙などのマスメディアに巣食っている問題性ですから、日本のインド亜大陸情報のクオリティが向上するはずはありません。

  • 2児ママ専業主婦
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★

厳しい現実に圧倒されました。大企業が空前の業績を上げている日本で、どうして働いているのに毎日の生活もままならない人がいるのか?その富はいったいどこに行っているのか?とても考えさせられました。NHKの番組は見逃してしまったのが、残念です。

  • まろん9626
  • 45歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

よくこんなに手当てを考えるものです。あきれた。

  • さくさく2771
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

人の上に立つ方はやはりすごいなぁと感心させられました。

  • ごろキング
  • 41歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

金融の勉強の前段階として、日本の経済のことも勉強しておこうと手にしました。コンパクトに経済史をおさらいできるのがよいと思います。フラットな印象の文章で、読んでいると少し眠くなるのが難点か?

  • nana yuzu
  • 49歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

小泉さんがやったことを竹中さんの視点・観点で紹介しています。グローバル化・ボーダレス化の善し悪しは別にして、それが現在の世界の流れであることは否定できないと思います。その流れの中で、日本を立ち行かせていく環境を構築することが政界・財界に責任を持つ人たちの仕事だと考えています。それに対する一つの回答として、本書は具体的な説明があり、良書と言えると思います。

  • collina676
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

経済史選考学生用の教科書ですが、著者独自の捉え方であって、理解するためには西洋通史をよほど勉強しているものでないと困難です。 海外の一部学者の研究入門にはなると思います。 なお、著者は日本語文章の素養に著しく欠けており、非常によみづらいのが難点です。

  • mtc5754
  • 45歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

カレンダーがよかったので購入しました。

  • cain911
  • 53歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品